忘れられない映画

また今日も雨になりました。

ふと思い出した昔の映画。

わたしが学生の頃、学校の授業で映画鑑賞というありがたいものがあったんです。

中学校では『ネバーエンディングストーリー』、高校では『ニューシネマパラダイス』を観ました。

どちらも多感な年頃にピッタリの映画でしたね。

特に、高校の時に学校で観た『ニューシネマパラダイス』は、午前中の授業として視聴覚室で観たのですが、観終わって部屋から出る時、もう号泣しまくってて…笑

泣きながら購買でパンと牛乳を買って、廊下を走っていたら、先生が笑っていました笑

懐かしいなぁ〜

その後、大人になってもたまにレンタルビデオ→DVDを何度も借りて観た、思い出の映画です。

音楽も素晴らしい。とにかく感動。その音楽だけ聴いても、じわじわと込み上げてきて、泣けてきちゃいます。

いろんな人生経験を経て、改めてこの映画を観ると、その深みにまた心が揺さぶられました。私史上これ以上の映画って、なかなか出てこないんじゃないか、って思います。特にトトとエレナの30年ぶりの再会シーン。泣けます。

携帯・スマホ・メールのない時代。すれ違うそのタイミング。運命の歯車がひとたびズレてしまうと、こんなになるのか…。いろいろ考えが巡ってしまいますね。

まだ観たことがない人も、観たことがある人も、この雨のシーズンにぜひ!おすすめです。

良かったらチラッと観てみてください↓(フルではありませんが)