忘れた頃にやってきた

覚えていますか?過日の『自転車借りパク事件』を。

先日、私が早朝の仕事から一旦自宅に戻った瞬間、背後から待ち構えていたヤマト運輸のいつものドライバーさんが、

「良かった〜、会えて」

と言って、荷台から何かを抱えて近づいて来ました。とっさに私は、

「ちょっと、何それ!!ゴミ?」

と聞くと、ドライバーさんは笑いながら、

「お荷物ですよ!自転車って書いてあります」

と。

「!!!」

 

その荷物の風貌を見て、

「ヤダ!!ちょっとそれ凄くない?海外から岸辺に流れ着いた何かじゃなくて?」

と聞くと、ドライバーさんは苦笑いしながら否定もせず笑

もう、段ボールにくるまれたビジュアルが想像を遥かに超えていて、笑いがこみあげてきてしまい、ドライバーさんと二人で大声で笑い合いました笑

これがその画像↓

きっと、自転車が入る箱がなくて、いろんな段ボール箱を切って繋ぎ合わせたんだな!

まぁ、その努力は認めてしんぜよう。

ビニール紐が緩すぎるのも気になる。

でも、いきなりこれが来たら、やっぱりゴミかと思いません?笑

漂流物かと思っちゃうわ〜

 

ちなみに、まだ箱から開けて中身は確認してません。怖くて開けられないのよ笑

それにしても、笑える!斬新なものを提供してくれてありがとう笑