渡り鳥のKさん

今日は久しぶりにKさんがお土産を持ってご来店くださいました。Kさんは元実業家で現在はご主人と東京・山梨・伊豆を渡り鳥のように季節ごとに移り住みながら人生を謳歌されています。コロナ禍の前は、海外も含まれていたそうな。さらっと言われるので、こちらも「そ〜なんだ〜、楽しそう!!でも移るときの荷造りとか面倒くさそう」と素直に反応しちゃいます(笑)

凄い方なのに、めちゃめちゃ気さくで、面白い話が大好きなKさん。私のことも気遣ってくださり、子どもたちの様子や日常についてたくさん聞いてくださるので、回を重ねるごとにお互いにオープンになってきました。先日の『市村正親似のシェフ・べらんめえ成敗事件』を熱く語ったところ、Kさんは涙を流して大爆笑!(笑)

コロナ禍でなければ、息子さんとお嫁さんはイタリアで結婚式を挙げる予定だったそうで、取り急ぎ、東京都内で写真撮影だけしたのよ、と、何枚か写真を見せてくれました。私もとても暖かい気持ちになりました。それにしてもご自分が見立てたウエディングドレスをイタリアで…、だなんて、本当にスケールと生きているステージが全然違うのに、地位や立場など全く関係なく接してくださる方。しかも、お嫁さんのことも気遣ってらして、そこもさすがだな、と。こんな姑さんならお嫁さんも幸せでしょうね。写真を私に見せてくれているときに、逆方向にスライドさせてしまったKさん。なぜか正露丸の写真がドアップで写っていて、慌てて何か言い訳してました(笑)可愛らしいですね😊

今日は背面のみのコース。終始笑いまくって、リラックスというよりも、発散の日。施術中もKさんは大笑いしていて、身体が揺れまくっていました。

笑うことって、こころにもカラダにも本当にいいんですよね。毎日小さな事でも大きく笑える、そんな生活を送ることこそ私にとっての一番の幸せ&豊かさですから。

また近々来てくださるようなので、今度はゆっくり眠ってスッキリしていただけたらと思うのですが、お客様が満足してくださるなら笑いもありなのかな。次回の様子で、ってことで。

Kさん、花柄の手作りマスクを忘れて置いていかれたので、来週近所の歯医者さんに届けることになりました(笑)もう可愛らしいですね😊