プロレスラーのシンクロニシティ

空は薄暗く曇っていて、季節はずれの生暖かい空気が小気味悪い、そんな伊豆高原の早朝。

昨日は久しぶりの完全オフで、なんやかんやであっという間に一日が終わりました。家事は、洗濯以外は一切やらない!と決めていたので、のんびり過ごせるのかと思いきや、なんだかいろいろあり心が落ち着きませんでした。

そういえば先日、とうとう5ヶ月ぶりに髪を切りに行きました。以前の髪型のときには息子に「ママの髪型って、煉獄さんみたいだね」と言われ、(あー、、確かに。それにしても髪が傷んでるなぁ…)と思いながらも、カットすることを何となくためらっていました。ポニーテールで仕事していると涼しいしラクだし、髪を短くするとプロレスラーに見えるからです泣

今回は、もうプロレスラーでも何でもいいや、と開き直って、かなり短く切ってもらいました。そしてやはり、全身とのバランスを見ても、最強のプロレスラーに仕上がりました笑

久しぶりのショートヘアは、軽くてラクです。ただ、寝ぐせがひどくなるので、寝起きはツバメの巣みたい。

美容室でお会計をしていた時に窓の外を見ると、私の息子が友達とこちらを覗き込んでいて、私と目が合うと、店内に入ってきました。すると息子が「プロレス、友達と観に行ってもいい?」と言ってきたので、「え〜〜っ💦」と軽くショックを受けたところ、店の外に貼られていたポスターを見つけたらしく、「今度伊東でプロレスやるんだって。観に行きたいんだよ、いいでしょ?」と言われ、内心ホッ…笑

後日息子がプロレス観戦から帰ってきて「ママ!ジャガー横田がいたよ!!」「外でやってたんだけど、男のプロレスラーはみんな裸だったよ!!」と興奮して話し始めました。「ジャガーの息子のたいしくんはいたか?」「いなかったよ」←絶対知らないくせに〜と思いながら、いろいろ話を聞いて、そして息子が「ママ、髪の毛短い方が可愛いよ」と必殺の甘い言葉を言ってくれて嬉しくなり、安心していた私。

ところが…安心していたのも束の間。

その翌朝、私が室内で洗濯物を干していると息子が、

「なんかさ、、、ママって森三中の大島に似てる」と言い放ったのです。

昨日はあんな甘い言葉で褒めてくれたのに、一日経つとこんなにも本音出ちゃう?みたいに思って、笑いが止まりませんでした。確かに言われてみれば大島さんよね!(笑)子どもは正直だな〜