カップル誕生??のお知らせ

突然ですが、私、最近キューピッドになりました。キューピッドって死語かしら?(笑)

誰かと誰かを、結びつける、そんな意味で言ってます。

こんなストーリーでした。

 

私の娘より少し年上の、ある女子学生さんと数日間楽しく関わらせてもらっていたのですが、彼女からある男性への好意を察しました。

趣味も偶然一緒、波長も合いそう、超マイペースなその彼を、歳は下でもしっかり者の彼女の方が引っ張っていってくれそう。彼も彼女もお互いにその方が心地よいかも〜、と勝手に脳内で妄想する私。こーゆーときの想像力はバリ豊か。

実は彼女に出会う数日前に、超奥手なその彼が、

「近々友人の結婚式に参列するんスけど、俺もそろそろ彼女作らないとマズイっすかね?」

と聞いてきたので、すかさず、

「だね〜」

と答えた私。

そんなこともあって、彼にこっそり彼女のことを好印象か問い詰めたところウンウンと頷いていたし、彼女は彼女で「彼氏が欲しいんですぅ」って言ってたから、これはイケる!と、私の世話焼き魂がさらに動き出しました。

とうとう彼女が帰る日。まだグズグズしてる。もどかしすぎる。もう黙って見ていられない!

キッカケだけは作ってあげて、あとはお互いで、って感じが良いだろうと、切り出してみました。

「あ〜あ、もう帰っちゃうんだね、、。おばちゃん寂しくなっちゃうよ。ところで○○くんとはLINE交換したの?」

すると彼女は、

「え💦してないです…。ってゆーか、交換なんてしてくれるんですかねぇ…」

(バカ言ってんじゃないよぉ。。あいつは内心喜んで交換するでしょ!)って彼にはあらかじめ確認していた訳でもないが、わかっていた私。笑

彼女はモジモジするばかり。自分からは思い切って連絡先を聞けないようでした。

「わかった、私が何とかするから!任せて!!」

とムダな責任感を見せながら伝えると、

「え!!ホントですか!!!」と恥ずかしそうに微笑んでいた可愛い子。

 

すると神の粋な計らいなのか、ナイスタイミングでその奥手な幸せ者が何も知らずに登場。

ストレートがウリの私が思いつく言葉はこれしかなかった…。

「ほらほら、○○くん、△△さん今日でもう帰っちゃうよ。LINE交換しなさいよ」笑

「あっ、はい…」←ちょい照れ

そして彼女も照れながら、お互いのLINEを無事交換!!

はにかむ彼女が可愛すぎる…。

ついにデッカい翼を背中にしょった大天使ま〜にゃんが、誕生した瞬間だったのであーる。

(しかし、私の勘違いで、彼女はこの翌日に帰ったのであーる)

 

それから約1ヶ月が経過。

彼に様子を聞いてみたところ、あれからなんやかんや毎日LINEのやりとりを楽しんでいるらしい(笑)

時間が合わなくてラリーにはなかなかならないみたいだが、毎日必ずお互いにLINEをしている、とのこと。ホッ💕

(もう!ヒューヒューだよ!!by朋ちゃん)

ただ、彼が使っている鳥のスタンプが異様に不気味なので、それは絶対に使わないことと、無料なら楽天パンダスタンプは女子ウケがいいから速攻ダウンロードするよう指示をし、あと他に色々アドバイスを聞かれたので、

「カッコつけないで、素直に話してればいいよ。せっかくのご縁だから楽しむだけ!深く考えないで、とにかく楽しんでればいいのよ。それだけ!」と伝えました(笑)

何やら、彼女の冬休みか春休みに、二人で遠くまでドライブデートに出掛けるようです。そこまで話が進んでいたなんて!彼も奥手とはいえなかなかやるじゃん!と思い、なんだか幸せそうでこちらまで嬉しくなりました。車で片道3時間ちょっとの距離に住む彼女。二人の負担がないように、中間地点で会うのもいいんじゃない?とは提案しておきました。なかなか会えないけど、会えない時間が愛を育てるのさ♪ by郷ひろみ

うまくいって欲しいですね〜。分かち合えば喜びも楽しみも2倍に膨れるし、悲しみや苦しみは半減される。でも、もしもうまくいかなかったとしても、それはそれで肥やしになるでしょう。人間はそうやって成長していくんでしょう、いろいろ。(←急にヒトゴト笑)

とにかく、私がしたことが余計なことじゃなかったら良いのだけれど…。二人を温かく見守りたいと思います。

 

しかし、いかんせん自分のこととなると、全くそのセンサーが働かない…(笑)大天使ま〜にゃんは自分自身には作動しないのだと、諦めている私なのであった。

あはははは…  あ は…