わたしの人生最後の体育祭

今日は息子の学校の体育祭でした。昨年は転校してきて初めての体育祭でしたが、息子が体調不良で不参加だったため、今回が新しい学校での最初で最後の体育祭。

朝起きて弁当作って、息子を起こす時に「弁当できたよ〜」って言おうと思ったのに「勉強できたよ〜」と言い間違え、息子は「えっ!?」と言ってすぐに起きました(笑)

「あのさぁ、、痩せて見える服、着てきてよ」と息子に言われたので、すかさず「そんな服ないから見に行かないわ〜」と言ったら「見に来て」と言われました(笑)

それにしても体育祭…。子どものイベントで一番苦手な体育祭…。全然オモロない、体育祭…。

やっと終わった〜!!

苦痛すぎて朝から下痢をしていた繊細な私は、開会式・校歌斉唱などのつまらない儀式を完全スルー。なんとか競技種目が始まるギリギリを狙い、正露丸を飲み、覚悟を決めて10時過ぎに歩いて学校へ出かけました。

計画通り、息子のリレーに間に合いました。朝は小雨で寒かったのに、カンカンに晴れて暑いグラウンド。親友が持ってきてくれた映画監督のような椅子にどっしりと座り、陸上部の監督バリに「いけ〜〜!!抜かせ〜〜〜!!!」と身を乗り出して熱い声援を送りました。

途中、息子がゲーム友達を連れて紹介しに来てくれました。このゲーム友達は、私のことを元ヤンと勘違いしていて、とても恐れているとのことなので、初対面でしたが、ヤンキーを演じきりました(笑)ゲームしている時に聞こえる私の声「いつまでゲームやってんだ!!」「早く寝ろ!!」がオッカナイとのことで、元ヤンだと信じ込んでいるとのこと。そのまま誰かに吹聴してくれれば、息子がイジメられることもないだろうという、逆手に取った私の作戦でもあります(笑)

てっきり親子一緒に外で昼食をとるのかと思って、飲み物やお弁当の食材を昨日買ってきたのですが、昨夜私の親友から「明日の昼、近くの焼肉屋にランチに行かない?」とLINEがきて、様子がおかしいなぁと思って聞いてみたところ、子どもたちはお弁当を教室で食べて、親は各自で昼食をとるんだよ、と言うことでした。そんなの全然知らなくて、もしもそれを聞いていなかったら私は一人、グラウンドで食べていた羽目に。結局焼肉屋は休みだったので、親友のママ友たちと6人でファミレスに行きました。

昼休憩のあとに、応援合戦がありました。とにかく大勢の子どもたちが同じ体操着を着ているわ、マスクをしているわで、どれが私の息子か全くわからず、キョロキョロと探していました。本部席のところでまだ探していたときに、試しに息子の名前を大声で叫び「どこ〜?」と言ったら、朝礼台の上にいた校長と近くにいた元担任が「あそこ!あそこ!」と指を差しながら教えてくれました(笑)叫んでみるもんですね❣️

何もしてないのに、体育祭はすごく疲れました。帰宅後は昼寝しよ〜

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

息子が帰ってきて昼寝から起こされ、体育祭の感想を言わされ、そして、ゲーム友達が「お母さん、想像よりも優しかった。顔がもっと怖いのかと思っていたけど全然違ってた」と言っていたと聞いて、笑ってしまいました。そうだろう、そうだろう、お母さんは優しいんよ〜(笑)

こうして私の人生最後の体育祭は、幕を閉じました✨