新デッキのトリミングに挑戦〜前編〜

以前ブログで紹介した『The Spacious Tarot』を実際に使ってみて、残念ながら今の私にはしっくり来ないことが判明しました。インスピレーションが全く湧かないのです。絵柄はそれはもう素敵でスペシャルなのですが、眺めていてもピンとこないしカードの滑りがサラサラしすぎていて使いにくい…。なので、しばらくは鑑賞用として居てもらうことにしました。

新しい洋服や化粧品やアクセサリーにも興味はなく、タロットデッキに夢中。なんでこんなになったんだろ笑 なにが私をそうさせるのか…。とにかくシャッフルしていると『無』になれて心地良いです。こんな時は潜在意識と繋がっているともいうみたいですけどね。

ここ最近は仕事の合間に、ある挑戦をしています。それは、タロットデッキのトリミング作業。カードの端の黄色い部分がインスピレーションを掻き立てるのを邪魔しているように思えてしまって。

家にあったカッティングボード、カッター、マスキングテープを引っ張り出してきて、トリミングを始めました。

海外ではよくやっているみたいですが、日本では『神聖なカードにカッターをいれるなんて!』と捉える方々も多いそうです。確かにその気持ちはわかりますね〜。ただなんだかその黄色い枠が無い方が、スッキリ見えて絵柄が引き立つのかなと思って、実験的にやり始めました。

しかしこれが意外にもチカラとコツが必要で、最初の数枚は、イビツに曲がってしまいました。

途中でわかったのは、横向きではなく、縦方向にカッターを入れること。チカラいっぱい押さえ、そして呼吸を止めながら一気に下ろす。そうすると真っ直ぐ切れました。書道と同じなんだな〜、新発見💡

裁断機を使えば綺麗に速く仕上がるんですけど、裁断機を買うお金がもったいないからオール手作業で。78枚もあって大変とかは全然思わなくて、むしろ楽しくてこのデッキにますます愛着が湧いてきました。

 

つづく