お中元と健康診断の申し込み

銀行やら郵便局に出かけてきましたが、国道は渋滞、郵便局は駐車場が満車で、近くのまた別の郵便局まで出向いてきました。やれやれ…。

そして、なんやかんや世話になっている県外在住の悪友Yちゃんにお中元を送るため、近所の徳造丸に行き、金目鯛の煮付けなどをクール便で発送してもらいました。Yちゃんは一人暮らしなので、小分けになっていてすぐ温めて食べられる金目鯛の切り身を真空パックにしたものと、さざえ飯の一人前のパックと、真鯵のひものなどをチョイス。クール便代金は800円程度で、自分で梱包して発送するよりだいぶ安いですよね。

レジで店員さんがクール便伝票に書かれた私の住所を見て「地元の人なの?それなら土日に買い物に来てくれたら20%引きだよ」と親切に教えてくれたのですが、また来るのもなぁと思って、「今回はいいですよ、今週末は来れないんで」と伝えると、なにやらポイントカードを発行してくれました。車内で撮ったので、私の太ももの上に乗せててすみません💦

10ポイントごとに、店内で気になっていた大きなペットボトルに入った「秘伝の煮汁」を貰えるみたいなので、お歳暮もここでいっか、と(笑)ポイントカードの魔力っすね。

 

先日、商工会議所で働いている同級生が、頼んでもいないのに健康診断の申込書をわざわざポストに届けてくれたので、忘れないうちに、と思い、徳造丸の帰りに商工会議所へ行きました。今や商工会議所のほぼトップに君臨、お偉いさんポジションで働く彼を「おい、着いたぞ!」と受付の目の前のロビーで電話で呼び出し、健康診断の申し込みをしてきました。「申込書、書いてきたか?」「まだだよ、持ってきただけ。トイレどこ?」「あっち」の会話のあと、クーラーの効いていないロビーで申込書に記入していたら「暑くてダメだ。クーラー効いた部屋ある?」と聞いたところ、涼しい部屋に通されました。

12項目の基本パックの他に、アレルギー検査や脳梗塞・心筋梗塞などの可能性?を知る検査など10種類以上のいろんなオプションがあり少し迷いましたが、特にこれといってピンポイントで知りたいこともなかったので、基本パックだけにしました。当日は午後の検査になったので、朝食は午前8時までに済ませたら昼食は摂らないように言われ、それが一番の気がかりです。うっかり食べてしまいそうです(笑)朝イチに尿検査の尿もとらないといけないしで、ちゃんとこのこともスケジュール帳に記入。「健康診断の結果って、あんたに見られないよね?」「見るわけねーだろ。直接病院から郵送されるよ」とのこと。帰り際に「忘れずに来いよ」と念を押され、無事申し込みも完了しました。