これにほぼ戻ります

彼がカバーするこの曲、日本語バージョン、たまにふと聴きたくなってしまいます。CD欲しいなぁ