8月になりました

週末の朝は、国道沿いの我が家に届く車の行き交う音が騒がしくなく、とても過ごしやすい時間帯。仕事場であるいずのやから車だと3分くらいの距離なのですが、いずのやにはWi-Fiを設置していないので事務仕事やネット関連は自宅に持ち込みです。

先週ついにコロナワクチンの接種券が届きました。ワクチンの数による年齢制限があり予約はまだできないとのこと。父は2回目の接種のあと一時的に具合が悪くなったし、知り合いは2回目の接種の翌日に亡くなりました。自分はどうなるのかちょっと怖いなぁとビビってます。子どもたちはアレルギー体質なのでもっと心配だけど…。厚労省のコロナ関連のHPを一通り読んでみましたが、いろんな人たちの身近な話を聞いていると、厚労省の情報も他の人たちの話もどこまでが本当なのかさえわからなくなっています。昔と違って情報を簡単に集められる時代、いいんだか悪いんだかって感じもします。

ひとりで経営している人たちは、何かあったときのためにいろいろ準備をしています。例えばこういうホームページの管理を誰かに任せるためにパスワードとかを記録しているらしいけど。私は誰が適任なのかわからなくて未だに考えているところです。信頼のおけるYちゃんや弟はこういうことには全く知識がないし、娘にはまだ負担が大きい。死後に預金口座が凍結すると、こういったところも自動的にストップするようなシステムだったら案外ラクなのかもしれませんね。何より一番気掛かりなのは、ご予約をいただいていてこちらからお客様に連絡ができなくなり、ご迷惑をお掛けしてしまうことです。こんな時はどうしたら良いのでしょうね。

とにかく早くコロナが落ち着くことを願っています。