施術ルームの様子

Instagramにも載せましたが、今さらながら施術ルームの紹介をします。

 

お客様に上質なものを、と家具やアイテムにもこだわってます。

 

まず、フットバス用の椅子。こちらはスウェーデンのアンティーク・テレフォンベンチ。本来は、そう、、長電話対応ベンチシートなのです。その座面に皆川明ファンにはたまらない「mina perhonen」の生地を張りました。

 

姿見は、家具の都・大川市の国産ウォールナット(オイル仕上げ、無垢材)。手仕事はやっぱり温もりがありますね!スウェディッシュマッサージとどことなく共通点も無きにしもあらず。鏡の裏側には、スライド式小物置きがあり、ぴょこん、と顔を出します。メガネやネックレスなどを置けます。

 

木製のハンガーは、ダルトン。エンブレム入りがカッコいいです。服を掛けて、一時保管という短時間労働者ですが、これがなかなかいい仕事をしてくれます。

 

白いランプは、BALMUDA。この電球色にうっとり。。スイッチをMAXにひねると、普通の昼白色?みたいになるんですよ。充電式なので、屋外にも持ち運び可能ですが、屋外に連れてったことはありません。

 

そして、いずのやアイテムのなかでも最高レベルの気合いが入っているメインアイテム、日本製 自動昇降式ベッド by ㈱高田ベッド製作所・・・ もうなんだろな、、言葉が出ません。多くの方にこのベッドを試していただきたい!

 

画像には表現不可能な、脱力感満載ゆるテンポなBGM、ほんのり香るアロマ空間、アフター・ティーなど、五感すべてでご満足いただけるよう努めております。(※コロナ禍の現在、アフター・ティーの代わりにペットボトルのお茶をご提供しております。ご了承くださいませ)

 

至福の時間をお約束します。